三菱電機 MELSEC 通信速度

MELSEC-QシリーズEthernet接続

この試験はOPCクライアントから、配列型のタグを登録し、常時更新を行います。
登録タグに対する一回の通信時間を計測し、その10回平均値を算出し、通信速度とします。
この時間は、デバイスの連続エリアの値の読み出しにかかる時間に相当します。

PC環境

基本OS:
  Windows 8.1 64ビットOS
CPU:
  Intel Core i7-4700MQ @2.40GHz
メモリ:
  16GB
OPCサーバー:
  DeviceXPlorer OPC Server Ver5.2.0.1
OPCクライアント:
  C# RCWクライアント
ケーブル:
  100BASE-TX クロスケーブル直結

OPCサーバー設定

プロトコルタイマーTICK:10msec
非同期更新モードのタイマーTICK:10msec
マルチアクセスモード:有効
同期・非同期のマルチアクセス化:無効
非同期更新モード:無効

PLC環境

CPU:Q04UDVCPU
通信ユニット:QJ71E71-100
レジスタ:D0~D16383
スキャンタイム:0.04msec(最大0.04msec)

通信速度性能

MELSEC
≪内蔵Ethernet≫
(sec)
1024点 2048点 4096点 8192点 16K点 32K点/2D 64K点/4D 128K点/8D
平均値 0.005 0.008 0.015 0.028 0.056 0.112 0.221 0.461
最大値 0.008 0.009 0.018 0.032 0.071 0.128 0.228 0.501
最小値 0.004 0.008 0.013 0.027 0.053 0.107 0.216 0.437
≪Ethernetユニット≫
(sec)
1024点 2048点 4096点 8192点 16K点 32K点/2D 64K点/4D 128K点/8D
平均値 0.015 0.026 0.048 0.098 0.200 0.388 0.788 1.567
最大値 0.015 0.028 0.052 0.103 0.212 0.427 0.807 1.630
最小値 0.015 0.025 0.045 0.088 0.186 0.354 0.740 1.507


測定結果

QnUDVシリーズの内蔵Ethernetポートでは、最速で1秒間に256Kワードのデータを取得出来ることが分かります。
QnUDVシリーズのEthernetユニットでは、最速で1秒間に90Kワードのデータ取得ができることが分かります。

備考

※10回の通信パフォーマンスの平均値をグラフ化したものです。(1点=1ワード)
※32K点は、2デバイスを用いて、1デバイス当り16K点読出し、合計32K点に対する読み出し時間の結果です。
※64K点は、4デバイスを用いて、1デバイス当り16K点読出し、合計64K点に対する読み出し時間の結果です。
※128K点は、8デバイスを用いて、1デバイス当り16K点読出し、合計128K点に対する読み出し時間の結果です。
※本資料は当社での試験結果であり、測定値を保証するものではありません。
[2014年9月測定]


MELSEC-Qシリーズ CC-Link IE Control接続

この試験はOPCクライアントから、配列型のタグを登録し、常時更新を行います。
登録タグに対する一回の通信時間を計測し、その10回平均値を算出し、通信速度とします。
この時間は、デバイスの連続エリアの値の読み出しにかかる時間に相当します。

PC環境

基本OS:
  Windows 7 Professional 32ビットOS
CPU:
  Intel(R) Core(TM) i7 CPU 860 @2.80GHz
メモリ:3.00GB
OPCサーバー:
  DxpSERVER OPC Server Ver5.0.1.1
OPCクライアント:
  OPCClientサンプル VcSampleOpc(C++)
ケーブル:
  100BASE-TX クロスケーブル直結

OPCサーバー設定

プロトコルタイマーTICK:10msec
非同期更新モードのタイマーTICK:10msec
マルチアクセスモード:有効
同期・非同期のマルチアクセス化:無効
非同期更新モード:無効

PLC環境

ボード:Q81BD-J71GP21-SX CPU:Q04UDEHCPU
通信ユニット:QJ71E71-100
レジスタ:W0~W1FFF(自局アクセス)
レジスタ:D0~D8191(他局アクセス)
最大スキャンタイム:0.06msec

通信速度性能

MELSEC
≪自局アクセス≫
(sec)
1024点 2048点 4096点 8192点 16K点 32K点 64K点 128K点
平均値 0.013 0.013 0.014 0.028 0.049 0.126 0.262 0.531
最大値 0.018 0.018 0.018 0.035 0.057 0.143 0.281 0.538
最小値 0.007 0.007 0.008 0.026 0.036 0.104 0.234 0.527
≪他局アクセス≫
(sec)
1024点 2048点 4096点 8192点 16K点 32K点 64K点 128K点
平均値 0.031 0.060 0.124 0.245 0.499 0.993 1.998 4.093
最大値 0.038 0.065 0.140 0.255 0.555 1.083 2.293 4.447
最小値 0.027 0.046 0.111 0.226 0.457 0.883 1.816 3.628



測定結果

自局アクセスは高速で、最速で1秒間に128Kワードのデータを取得出来ることが分かります。
一方他局アクセスは高速で、最速で1秒間に32Kワードのデータを取得出来ることが分かります。

備考

※10回の通信パフォーマンスの平均値をグラフ化したものです。(1点=1ワード)
※16K点は、1デバイスに対して8K点読出し、2デバイス、合計16K点に対する読み出し時間の結果。
※本資料は当社での試験結果であり、測定値を保証するものではありません。
[2012年8月測定]


MELSEC-FXシリーズEthernet接続

この試験はOPCクライアントから、配列型のタグを登録し、常時更新を行います。
登録タグに対する一回の通信時間を計測し、その10回平均値を算出し、通信速度とします。
この時間は、デバイスの連続エリアの値の読み出しにかかる時間に相当します。

PC環境

基本OS:
  Windows 7 Professional 64ビットOS
CPU:
  Intel(R) Core(TM) i5 CPU @3.20GHz
メモリ:4.00GB(3.88GB)
OPCサーバー:
  DxpSERVER OPC Server Ver5.1.0.1
OPC Client:
  OPCClientサンプル VcSampleOpc(C++)
ケーブル:
  100BASE-TX クロスケーブル直結

OPCサーバー設定

プロトコルタイマーTICK:10msec
非同期更新モードのタイマーTICK:10msec
マルチアクセスモード:有効
同期・非同期のマルチアクセス化:無効
非同期更新モード:無効

PLC環境

CPU:FX3U-16M
通信ユニット:FX3U-ENET-ADP
レジスタ:D0~D8191
最大スキャンタイム:1msec

通信速度性能

FX
(sec)
1024点 2048点 4096点 8192点 16K点 32K点 64K点 128K点
平均値 0.350 0.683 1.376 2.792 5.511 11.235 22.194 44.361
最大値 0.351 0.752 1.415 2.819 5.626 11.965 22.302 44.679
最小値 0.346 0.663 1.268 2.738 5.389 11.020 22.022 43.961



測定結果

データレジスタ(D)の連続エリアをアクセスした場合、最速で1秒間に3,000ワードのデータを取得出来ることが分かります。

備考

※10回の通信パフォーマンスの平均値をグラフ化したものです。(1点=1ワード)
※16K点は、1デバイスに対して8K点読出し、2デバイス、合計16K点に対する読み出し時間の結果。
※本資料は当社での試験結果であり、測定値を保証するものではありません。
[2013年9月測定]


各インターフェイス通信速度

同期・非同期・データ変化通知など、インターフェイス別の処理速度の計測結果を紹介しています。(詳細)