製品情報

  1. TOP
  2. 製品情報
  3. デバイスゲートウェイ

デバイスゲートウェイ

デバイスゲートウェイについて

デバイスゲートウェイは生産現場の情報を取得し、 IoTサービスへ橋渡しをするユニットとして、 短期間でのIoTシステムの構築が可能となります。

特徴

① OPC UA / MQTT通信

インダストリー4.0で推奨されているOPC UA通信とIoTやM2Mに最適なMQTT通信を搭載。
その他多彩な上位通信に対応しております。

②簡単接続

Webブラウザから簡単な設定で接続可能。

③パソコンレス

小型筺体で組込用途やWindowsリプレース費用削減に最適。

④接続機種

150機種の機器にアクセス可能。

サポート情報

主要な機能

機器通信

産業機器やヘルスケア機器、HA、BA機器との通信を行います。
BlueTooth Low Energy(EddyStone)にも対応し、位置計測を行います。※
※別途オプション装置が必要です。

上位通信

サーバー機能としてOPC UA、FTP、SNMPエージェント
クライアント機能としてMQTT、HTTP(S)、SQL、FTP、AWS Kinesis、HULFT IoT、MotionBoard、MindSphereに対応しています。

対応クラウドシステム

Amazon Web Services、Microsoft Azure、Google Cloud Platform、SIEMENS MindSphere、WingArc1st MotionBoard Cloud、
富士通 COLMINAなど、各種クラウドサービスとの接続を確認しています。

イベント

トリガ条件により、複数アクションを実行できます。
トリガ :値変化、定周期、時刻、MQTT受信 等
アクション :ループ、値書き込み、値比較、演算、テキスト取得、MQTT送信、HTTP送信、FTP送信、ファイル書き込み 等

ユーザーインターフェース

ブラウザから行い、ユーザーの操作を制限できる権限管理機能を搭載しています。

OPC UA、MQTT搭載通信ドライバー

デバイスゲートウェイは、産業分野の標準規格であるOPC UA※1 と、IT分野のスタンダードMQTT※2に対応しています。

※1 OPC UA・・・産業分野の通信規格で、国際標準規格IEC62541として定められています。HTTPとTCP/IP通信、バイナリとXMLエンコーディングを提供しており、認証・暗号化による盗聴、なりすまし対策が搭載されています。
※2 MQTT ・・・M2MやIoTに適した軽量なTCP/IPプロトコルです。対多通信をサポートしており、センサー等の小型機器への組込みに最適です。省電力で高速、大容量通信が可能で、IoT向けの通信規格です。


HULFT IoTを用いたファイル連携

HULFT IoTは株式会社セゾン情報システムズが提供する安全・確実にファイル連携を行うソフトウェアです。
独自の圧縮、暗号化の機能で改ざんや情報漏洩を防ぎ、送達を保証します。

デバイスゲートウェイ(Ver2.0以降)にはHULFT IoTを利用するための Agentが組み込まれており、管理ソフト「HULFT IoT TAKEBISHI」と組合せて、 簡単に現場機器とのファイル連携を実現します。



適用分野

デバイスゲートウェイは、あらゆる分野でご活用いただけます。
生産現場では、生産設備とIoTサービスを直結し、生産性向上を行えます。
社会インフラや一般家庭で利用されているBLEのセンシングやNFC検出により、ライフスタイルのスマート化も可能です。


デモ機の貸し出しに関して

検証用のデモ機を用意しております。
デモ機のお貸出しを希望の方は貸出依頼書をご記入の上、メールかファックスで申請をお願いします。

修理依頼に関して

無償保証期間内で修理をご希望の方は修理依頼書をご記入の上、メールかファックスで申請をお願いします。