製品情報

  1. TOP
  2. 製品情報
  3. デバイスエクスプローラ OPCサーバー
  4. 一般性能仕様

一般性能仕様

動作環境

コンピューター Windows の動作するコンピューター
動作OS
※1
Windows 10 IoT Enterprise 2019 LTSC
Windows 10 IoT Enterprise 2016 LTSB
Windows 10 (1809, 1903, 1909, 2004, 20H2)
Windows 8.1
Windows 7
Windows Server 2019
Windows Server 2016
Windows Server 2012R2
Windows Server 2012
Windows Server 2008 R2
ディスク 1GB以上
メモリ 1GB以上
通信ポート Ethernetポートアダプタ(Ethernet接続時)
シリアルポート(シリアル接続時)
アプリケーションタイプ
※2
32ビットアプリケーション(Win32/x86)
64ビットアプリケーション(Win64/x64)
フレームワーク .NET Framework 3.5(32ビット版のみ)

※1 日本語OS/英語OSで動作検証済みです。
※2 インストール時に32ビット版、64ビット版どちらをインストールするか選択可能です。
       64ビット版ではSuiteLinkインターフェイスや一部通信機能が使用できません。
       64ビット版で利用できない通信機能は以下の通りです。
       - MELSEC EZSocket/GOT接続
       - SYSMAC FinsGateway/SysmacGateway/CX-Compolet接続
       - TOYOPUC CPUポート接続
       - FANUC FOCAS接続
       - 安川電機 ロボットコントローラ接続
       - 三菱 CNC EZSocketNc接続

主要諸元

一般仕様

Windowsサービス起動 ※4 可能
最大接続台数 ※5 255台
最大タグ点数 ※5 無制限
サーバー機能 OPC DA、OPC AE、OPC UA、SuiteLink ※6、DxpLink
タグ名の別名定義 可能
シミュレーション 可能

※4 Windows 10では、サービスプログラムは対話型サービスの検出による画面表示に対応していません。設定を行う際は通常のアプリケーションとして起動してください。
※5  接続台数やアクセスするタグ点数が増加すると通信パフォーマンスが低下します。
※6  SuiteLinkインターフェイスについては、64ビット版では利用できませんので32ビット版をご利用ください。

OPC DAサーバー

対応バージョン 2.05A/3.0
Prog.ID Takebishi.Dxp.6
Access Path 可能
Item ID デバイス名、グループ名、タグ名をデリミタで区切り指定

OPC AEサーバー

対応バージョン 1.10
Prog.ID Takebishi.DxpAe.6

OPC UAサーバー

対応バージョン 1.04
URI opc.tcp://[hostname]:52240
プロトコル TCP

SuiteLinkサーバー ※6

アプリケーション名 任意(デフォルトは「DXPV6」)
トピック名 任意(任意(デフォルト値は「デバイス名」)

DxpLinkサーバー

ポート番号 任意(デフォルトは9980)
プロトコル HTTP

データタイプ

データタイプ VT_BOOL(論理型)、VT_BOOL|VT_ARRAY
VT_I1(8ビット符号付き整数型)、VT_I1|VT_ARRAY
VT_UI1(8ビット符号無し整数型)、VT_UI1|VT_ARRAY
VT_I2(16ビット符号付き整数型)、VT_I2|VT_ARRAY
VT_UI2(16ビット符号無し整数型)、VT_UI2|VT_ARRAY
VT_I4(32ビット符号付き整数型)、VT_I4|VT_ARRAY
VT_UI4(32ビット符号無し整数型)、VT_UI4|VT_ARRAY
VT_R4(32ビット実数型)、VT_R4|VT_ARRAY
VT_I8(64ビット符号付き整数型)、VT_I8|VT_ARRAY
VT_UI8(64ビット符号無し整数型)、VT_UI8|VT_ARRAY
VT_R8(64ビット実数型)、VT_R8|VT_ARRAY
VT_BSTR(文字列型)、VT_BSTR|VT_ARRAY
VT_ARRAY(配列型)

タグ名の拡張書式

論理型 例:M100 = 0 (内部リレー100番地)
レジスタのビット位置指定(:nn) 例:D1:15 = 1 (データレジスター1番地の15ビット目)
16ビット符号付き整数型(:W) 例:D1:W = 32767 (データレジスタ1番地)
16ビット符号無し整数型(:U) 例:D1:U = 65535 (データレジスタ1番地)
32ビット符号付き整数型(:D) 例:D1:D = 2147483647 (D1~D2の32ビット値)
32ビット符号無し整数型(:DU) 例:D1:DU = 4294967295 (D1~D2の32ビット値)
64ビット符号付き整数型(:I) 例:D1:I = 2147483647 (D1~D4の64ビット値)
64ビット符号無し整数型(:IU) 例:D1:IU = 2147483647 (D1~D4の64ビット値)
BCD型(:B) 例:D1:B = 0x1234 (D1が16ビットBCD値)
32ビット実数型(:R) 例:D1:R = 9.876 (D1~D2の32ビット実数値)
64ビット実数型(:DR) 例:D1:DR = 1.23 (D1~D4の64ビット実数値)
文字列型(:Snn) 例:D1:S10 = "ABCDEF・・・" (D1~D10の文字列)
テキスト形式2進数(:Bnn) 例:D1:B10 = "00001111・・・" (16ビット/点の2進文字列)
テキスト形式8進数(:Onn) 例:D1:O10 = "173,142,60,・・・" (カンマ区切り8進テキスト)
テキスト形式10進数(:Dnn) 例:D1:D10 = "32767, 255, -1, ・・・" (カンマ区切り10進テキスト)
テキスト形式16進数(:Hnn) 例:D1:H10 = "FFFF00001234・・・" (4桁/点の16進テキスト)
ビット反転(:V) 例:M0:V = FALSE (論理型を反転して扱う)
論理型変換(:BL) 例:D0:BL = TRUE (非零の場合TRUE、それ以外FALSE)
ファイル書込(:Fnn) 例:D0:F10 = "C:\data.csv"(ファイルにD0~D9の書込値をカンマ形式で格納し、そのファイルを指定する)
配列型(:Ann) 例:D1:A10 (D1~D10を配列扱い)
読出専用属性(:OR) 例:D1:OR (タグへの書き込みを禁止)
書込専用属性(:OW) 例:D1:OW (タグの読み出しを行わない)