製品情報

  1. TOP
  2. 製品情報
  3. ファイルアーク Officeエディション

ファイルアーク Officeエディション

データ入力業務の効率化ツール

特徴

紙書類から文字データを抽出し、システムへ橋渡しすることでインプット業務の効率を改善する業務効率化ソフトウェアです。一度文書のレイアウト設定(帳票設定)を行えば、書類をスキャンするだけで自動的に書類を識別し、高精度なOCR(文字認識)機能を用いて文字データを抽出します。また、抽出した文字データは、システムが求めるデータ書式へ加工して出力できるため、安価に短期間で既存システムへの導入が可能です。

どんな製品?

ファイルアーク Officeエディションがどんな製品か分かりやすいマンガを用意しています。
4ページで、すぐに読めるマンガですので、ぜひご覧ください。

文書から文字データを抽出

スキャナー取込した文書やPDF文書の帳票登録(抽出したいエリアと業務システムの項目に関連付けする作業)を行うと、次回以降同様のレイアウトは自動識別され、必要な文字データが抽出されます。高精度なOCR(文字認識)技術を採用しているため、文字データを正確に抽出できます。
紙の書類を目視で確認し、インプットする業務が不要となります。

活字・手書き文字を含めた高精度な文字認識

ファイルアーク Officeエディションは、文字認識エンジンとして、クラウドサービスを利用した文字認識(クラウドOCR)とスタンドアロンで動作する文字認識(オフラインOCR)を採用し、活字だけでなく、バーコード、チェックボックスの高精度な文字認識を実現しております。

また、クラウド版では手書き文字認識が可能となっています。手書き文字認識においては、認識結果だけでなく、認識信頼度を0~100%で取得できるため、認識結果のチェックも効率化が図れます。

Tegakiサービスを利用した高精度な文字認識機能の提供

クラウド版では、標準で提供している手書き文字認識に加え、Cogent Labs社の提供するTegakiサービスを利用した高精度な手書き文字認識機能を「手書き対応オプション」として追加できます。(Tegakiサービスの詳細についてはこちらをご覧下さい。)

「手書き対応オプション」を追加することで、以下のような手書き文字の1行テキスト(シングルライン)やボックスキャラクタを高精度に認識することができます。

  

データ加工による容易なシステム連携

抽出した文字データを、適切なデータ書式に加工してシステムに橋渡しします。システム側は受け取ったデータをそのまま活用でき、容易にシステム連携を実現できます。

ファイルアークはデータ加工の仕組みとして以下の機能を提供しています。
・ルールベースの変換ルール機能
・カスタム処理を実現するスクリプト機能

ラインナップ

以下の2ラインナップを提供しています。

  • インターネット回線を利用した文字認識(OCR)機能を提供するクラウド版(月額ライセンス)
  • オフライン環境で文字認識(OCR)機能を提供するスタンドアロン版(買い切りライセンス)


各ラインナップの詳細は価格表をご覧ください。

紹介動画

製品特長を分かりやすくまとめた紹介動画をYouTubeでご覧頂けます。


基本的な操作手順の説明動画をYouTubeでご覧頂けます。

カタログ

パッチ、マニュアル、操作手順書