製品情報

  1. TOP
  2. 製品情報
  • デバイスエクスプローラ OPCサーバー

    アプリケーション間通信の国際規格OPCに準拠した生産現場の稼働情報を上位システムに橋渡しする通信ソフトウェアです。230機種以上のPLC等の制御機器との通信に対応し、SCADA等のOPC クライアントと組み合わせて、製造業のオープン化を支援します。高速通信性&接続性に強みがあり、世界中で利用されているOPCサーバーです。

  • DAサーバー

    InTouch等のWonderware社製SCADAから、生産現場の稼働情報へのアクセスを可能にするPLC通信ソフトウェアです。Wonderware社のアーキテクチャ「ArchestrA」対応により、System Management Console上でPLCとの通信設定や通信状況の診断が可能です。

  • デバイスゲートウェイ

    PLC等の生産現場の稼働情報を取得し、IoTサービスへ橋渡しをするデータアクセスユニットです。簡単な設定で150機種以上の機器にアクセスし、OPC UA、MQTTなど多彩な上位通信に変換します。エッジとしてアクション機能によるロジック実行も可能で、短期間でIoTシステムの導入が可能となります。

  • HULFT IoT TAKEBISHI

    データアクセスユニット「デバイスゲートウェイ」が生成したファイルを安全・確実に転送するためのHULFT通信の管理ソフトウェアです。金融や自動車業界などミッションクリティカルな領域で利用されてきた独自の圧縮、暗号化の機能で改ざんや情報漏洩を防ぎ、送達を保証します。

  • デバイスエクスプローラ データロガー

    装置や設備のデータ収集や異常監視を行うためのOPC対応データ収集ソフトウェアです。CSVのみならず、データベースへの高速ロギングが可能です。当社製OPCサーバーやデバイスゲートウェイと組み合わせることで、生産現場のあらゆる機器情報を簡単にデータ収集できます。

  • OPC Spider

    生産設備と基幹システムをつなぐデータ連携ソフトウェアです。 機能ブロックの組み合わせにより、ノンプログラミングでシステム間のデータ連携を実現し、システムの開発コスト削減、引き継ぎ作業の軽減を可能にします。OPC UA対応により、あらゆる生産現場のデータを基幹システムで活用できます。

  • ファイルアーク FAエディション

    テキストファイルを読み込み、IoTシステムとリアルタイム連携するためのファイル連携ソフトウェアです。既存のファイル資産を活用し、国際標準のアプリケーション間通信規格OPC UAや多くのクラウドサービスで採用されているMQTTに変換することで、旧型機器や専用機のIoT化、データ連携に貢献します。

  • ファイルアーク Officeエディション

    紙書類から文字データを抽出し、システムへ橋渡しすることでインプット業務の効率を改善する業務効率化ソフトウェアです。一度文書のレイアウト設定(帳票設定)を行えば、書類をスキャンするだけで自動的に書類を識別し、高精度なOCR(文字認識)機能を用いて文字データを抽出します。また、抽出した文字データは、システムが求めるデータ書式へ加工して出力できるため、安価に短期間で既存システムへの導入が可能です。

  • もじコピ!

    PDFファイルや画像ファイル、WEBページなど画面上の画像からテキストデータを抽出する簡単テキストコピーツールです。事前設定不要で、読み取りたいエリアの範囲選択をするだけで即座にテキストデータ化できます。AIを活用したOCRによる高精度な読取を行います。日本語、英語だけでなく、中国語やタイ語など世界各国の言語に対応しています。

  • デバイスエクスプローラ レコシンク

    Axis Communications社製ネットワークカメラと組み合わせて使用することで、生産現場における設備の異常発生時の映像を記録するソフトウェアです。本ソフトウェアをインストールしたネットワークカメラを製造ラインに導入することで、既設PLCプログラムを変更することなく、異常発生前後の映像追跡を実現できます。

  • IoTセキュアサーバー

    本製品はデータの流れを一方向に制限することで現場データをクラウドに送信しつつも外部からのサイバー攻撃を遮断し、現場を守るユニットです。