DeviceXPlorer OPC Server

opc

DCOM設定ガイド

ネットワークシステムに必須のDCOMセキュリティ。設定のポイントを解説します。

中国語/韓国語対応!

グローバル化する製造現場に対応!日本語、英語、中国語、韓国語でOPCが使用可能です。

OPC UA

次世代のOPCはXML/SOAPをベースにしたOPC UA(Unified Architecture)へと進化します。
opc ua

旧バージョンの販売終了

長らくご愛顧頂いておりました旧バージョンOPCサーバー(Ver3.x)が販売終了になります。


デバイスエクスプローラOPCサーバーの製品コンセプト
CC デバイスエクスプローラOPCサーバーは、機能性と操作性を重視し、ハイエンドなプログラミングとイージーオペレーションを提供します。高度なプログラミング機能が必要なエンジニアにも納得頂けるようにOPCの最新仕様「OPC-DA3.0」にもいち早く対応。また、現場のオペレータにも操作できるようにウィザード形式を採用したり、マニュアルを見なくても設定できるようなユーザインターフェイスを提供したり、幅広いシーンでご満足頂けることを目標にしております。

当社は、日本OPC協議会設立当初より協議会に参画し、OPCを普及すべく、日本国内でいち早くOPCサーバー製品を市場に投入しました。以来、ラインナップを増やし、最新のOPC仕様に適応しながら、今日に至るまで「OPC」というテクノロジを育てています。

さまざまなフィールド機器が存在する製造現場において、それらを「OPC」という統一された仕様でラップすることにより、ERPやMES、監視システム、DCSなど、如何なるソフトウェアであっても、最小のコストでアクセスできる仕組みを提供することがOPCの役割です。当社のデバイスエクスプローラOPCサーバーは、「シーケンサ」という視点から工場の最適化を目指します。

OPCとは
OPC (OLE for Process Control)とは、米国OPC Foundationが策定した国際標準のアプリケーション間通信インターフェイスの統一仕様です。 OPCを使うと、さまざまなクライアントアプリケーションとシーケンサ等のFA機器を簡単に接続することができ、装置毎に使用するシーケンサメーカが違う場合でも、OPCに準拠したインターフェイスでクライアントアプリケーションを構築しておけば、ほとんど修正なしに再利用することが可能になります。

OPCインターフェイス
OPCには、リアルタイム通信のためのOPC-DA(OPCデータアクセス)インターフェイス、ログデータアクセスのためのOPCHDA(OPCヒストリカルデータアクセス)インターフェイス、警報とイベントに着眼したOPC-AE(アラーム&イベント)インターフェイスなどのインターフェイスがあります。この中でもOPC-DAインターフェイスが先行して浸透しており、最新仕様としてOPC-DA3.0がリリースされています。

OPCサーバーとは
当社は、三菱電機製シーケンサMELSEC、横河電機製シーケンサFA-M3、オムロン製シーケンサSYSMAC、ジェイテクト(豊田工機)製TOYOPUC、日立産機製シーケンサHIDIC、キーエンス製シーケンサKV、シャープ製シーケンサSATELLITE、富士電機製シーケンサMICREX、MODBUS機器に対応したOPC-DAサーバ製品を開発販売しております。 OPCサーバーとは、シーケンサ等の物理デバイスに対して通信を行い、データ値をOPCインターフェイスを介して任意のアプリケーションに受け渡しを行う製品です。 従って、自社アプリケーションを構築する場合に、OPCインターフェイスにさえ対応しておけば、シーケンサの種類や計測機器のスペックなどを熟知していなくても簡単に接続することができます。

OPCのユーザーメリット
OPCサーバーは次のような場面で使用すると効果的です。
・装置または設備ごとにPLCが変わる場合
・装置または設備ごとにSCADAが変わる場合
・日本メーカのドライバを持たない海外製ソフトウェアを使用する場合
・PLCに熟知していない場合
・海外に輸出する設備を開発する場合
この他にも様々なメリットが期待できますので、是非一度OPCサーバーをご検討してみてください。